トラブル回避のためにも|マンション売却前に手数料なども確認しよう

借主がいない物件に多い

つみき

聞いてみると発見可能

賃貸物件を探しているときには初期費用として仲介手数料が大きいと感じることがあります。中には仲介手数料無料の物件もありますが、聞いてみると最初のラインナップよりも多くの物件を紹介してくれることもあるということには留意しておきましょう。仲介手数料無料の仕組みは借主に対するサービスとして行っているか、貸主からの要望によって実施しているかのどちらかです。典型的な例として繁忙期に差し掛かったときに借主を自社にかきいれるためにキャンペーンとして実施したり、繁忙期が過ぎても残ってしまった賃貸物件の借り手を探すために仲介手数料無料にしたりするということがあります。一方、貸主としては空室が目立ってしまって収入が減っている状況があって何とか借主を探したいという状況になっている場合もあるでしょう。その際に業者に依頼して仲介手数料の全額を負担する代わりに、借主に対して仲介手数料無料という形で募集をして欲しいと告げることもあります。どちらにも共通しているのが借主が見つからずに困っている物件に多いということでしょう。賃貸物件を探している人に目をかけてもらうための対策として行っているのです。このため、業者に相談をしてみると状況に応じて他の物件を紹介してくれる場合があります。空室で困っていそうな物件について貸主に相談して話をつけてくれたり、借主がいなくて手を焼いている物件を紹介したりしてくれる可能性があるのです。